なぜ格安SIMは安いの?

格安SIMを使うと毎月のスマホの料金は安くできますがなぜ安く出来るのでしょうか。

それは格安SIMを販売している体制の違いにあります。

普通であればスマホを販売しているドコモ、AU、ソフトバンクは自分の会社でアンテナを準備しています。アンテナを立てる場所から探して、アンテナを立ててスマホが使える範囲を広げてこわれなように管理するという流れです。

しかし、格安SIM会社はアンテナをレンタルして営業しています。自社でアンテナを立てる必要はありませんし管理をする必要もありません。もちろん、ドコモやAUは無料で使わせることはありません。日々格安SIM会社からアンテナの使用料を取っていますが、それでも格安SIM会社は毎月の料金をキャリアより安く出来るということなんです。ドコモやAUで契約すると毎月の料金は1人5000円から1万円が普通ですが格安SIMでは1万安いプランは500円以下、ワンコインからあります。そして、3GBでも1000円台で契約できます。中には20GBというキャリア契約では考えられないような料金で使える会社がありますが20GBでなんと5000円という料金で使うことができます。20GBものデータ容量でやっとキャリアと同じデータ容量になるんですね。

Y!mobileのポケットwifi

私は現在自宅専用でY!mobileのポケットwifiを契約しています。

きっかけはタブレットを購入しようと思い、自宅のネット環境を整えることを決意したからです。 自宅は賃貸契約なので管理会社等に連絡し、光回線を入れることができるか確認したのですが結果、断られてしまいました。

そんな時に出会ったのがY!mobileのポケットwifiでした。 サイトの広告で見つけたのが始まりだったのですが、ちょうど地域に店舗が出来た時期でしたので元々興味は持っていました。 アドバンスオプション契約で使い放題というのが魅力的で、早速口コミや比較サイトで調べたのですがその時のレビューや評価はあまり良くなくタブレットを購入するギリギリまで相当悩みました。

決め手となったのは通信エリアでした。 私が住んでいる地域は田舎で数年前まではソフトバンクも圏外になってしまうほどだったのですが、Y!mobileのポケットwifiは自宅で普通に通信できました。 アドバンスオプションも快適に通信できています。圏外になることは1度もないです。 結局店舗まで行って調べてもらったのですが、とても丁寧に対応して頂けて直接本部(?)まで確認してもらいました。

また、万が一圏外になってしまったら1週間までは無料で契約解除できるところも良かったです。 店舗へ行ったその日に契約・購入しました。 利用を始めてからも特に困ったことはなく、快適に自宅で利用できています。

一応、アドバンスモードでも速度に制限が掛かることを言われていましたがいつ制限が掛かっているのか分からないほど快適です。

live配信やテレビ視聴をすると途切れたりもしますが、私はほとんど利用しないので気にならないです。 ただ1つだけネックなのが3年契約で3年後の契約した日にしか解約ができないことです。 せめて契約した月にしてもらえたら忘れることもないと思うのですが…。解約金が高いのも気になりました。

まだ利用し始めて1年も経ってないので、これからどうなるかは未知数ですが現状は満足しているので契約・購入して良かったと思いました。

Windows派の私がMacBookAirに変えてよかったと感じる5つのこと

仕事でパソコンを使うときにはOfficeアプリケーションの存在もあってWindowsが主流となっています。しかし、プライベートでパソコンを使うならば、何もWindowsにこだわる必要はありません。

アップル社と言えば、iPhoneの存在が大きいものとなっていますが、パソコンのメーカーとしても大御所であることは知られているでしょう。WindowsからMacbookに変えてよかったと感じた点を紹介したいと思います。

・操作に慣れると非常にラク

Macといえば、その操作性が独特なものがある、と一昔前なら思ったと思います。

スマートフォンが登場し、iPhoneの操作などになれると違和感なくMacに慣れることができます。Macbookの操作方法になれてから、Windowsを使うと、「Macならパッとできるのにな」と感じるシーンがかなり出てくるようになります。

・ミュージック管理がしやすい

MacパソコンならiPhoneシリーズとの親和性も魅力的です。

WindowsでiPhoneなどのバックアップを取るなら、iTuneを別にインストールする必要がありますが、Macには標準で入っているのでそういった手間もかかりません。

・画像管理がしやすい

操作性と関わってきますが、見たい画像をすぐに呼び出せる、アルバム機能が充実しているのは、携帯で写真を多く撮影する人には魅力的なものではないでしょうか。

・簡単動画編集が魅力

バージョンにもよりますが、Macには標準で動画を編集できるソフトがインストールされています。

これが無料のアプリケーションとは思えないほど、簡単に編集できる上に、ズームや倍速化などの機能も備わっているという高機能ぶりで、一度使うと、かなりハマってしまいます。

・ライフスタイルに合わせてカスタマイズできる

iPhoneのテレビCMを見たことがある人は多いでしょう。

キャッチコピーの多くは個人のライフスタイルに合わせて楽しめることを前面に押し出していますが、不思議と自分のものだという愛着が湧いてきます。
カスタマズ性が柔軟なことが原因ではないかと思っていますが、単純にMacにハマっているだけかも知れません。

・Macは「遊び」をメインにしたPC

Windowsが仕事を中心としたPCなら、Macは「遊び」をメインにしたPCと言えると感じます。どのように遊んでいくかは、使用する人次第でさまざまになるでしょう。

アプリケーションの開発もできますし、本格的な動画編集ソフトを導入すれば、プロ顔負けの編集も可能になります。無料で手に入る素材の種類もWindowsに比べると非常に多くあります。

また、趣味で音楽をしている人にも使いやすいソフトが揃っていますし、これから始めたいという人でも簡単に使える設計になっています。

クリエイティブな趣味に活かしても良いですし、インターネットだけで構わないという人にも使いやすいPCであると感じています。

Macに乗り換えてから、それほどの時間は経っていませんが、Windowsとは違う操作性、アプリケーションの数々、遊び心を感じさせる設計など、魅力にハマりつつあります。パソコンの買い替えを考えている人はこの機会にMacPCにしてはいかがでしょうか。

ブラック企業が多い業界はどこか。

過酷な労働環境や長時間の残業で、心身に異常をきたして不幸にも自殺してしまったというケースが、新聞紙面でも取り上げられる昨今。では、どんな業界にブラック企業が多いのでしょう。また、ブラック企業が少ない業界はあるのでしょうか?

■ブラック企業が多い業界

何をもってブラック企業とするかは議論の分かれるところかもしれませんが、本稿では、転職サイトDODA(デューダ)調べによる、80種の業界の残業時間と年間の休日数の多さを元に考察してみたいと思います。

1位 広告 (49.1時間・49位)

2位 新聞 (40.9時間・40位)

3位 EC/ポータルサイト (36.5時間・15位)

4位 コンビニエンスストア (36.3時間・80位)

5位 建物管理/安全作業 (35.8時間・45位)

6位 コンサルティングファーム/シンクタンク (35.3時間・63位)

7位 印刷関連 (34.7時間・42位)

8位 ディベロッパー (33.2時間・52位)
 
9位 外食/レストラン (32.6時間・79位)

10位 メーカー/ネットワーク機器メーカー (33.0時間・9位)

残業時間とともに年間の休日ランキングを併記したのは、残業が(相対的に)少なくても、年間の休日数も少ない場合があるからです。

たとえば外食関連のレストランは、80業種中2番目に休みが少ないですし、コンビニエンスストアは24時間営業という業態から、一番休みが少なくなっています。ちなみに、2015年の「ブラック企業大賞」には、株式会社セブンイレブンジャパンが選ばれています。

逆に、メーカーやEC、ポータルサイトは、残業もするけど休む時にはちゃんと休む、といったスタンスを採用していることが数字から見て取れます。

■ブラック企業が少ない業界

1位 スポーツ/ヘルス関連施設 (12.3時間・37位)

2位 薬局 (12.4時間・37位)

3位 クレジット/信販 (12.8時間・12位)

4位 病院 (13.2時間・69位)

5位 専門店/小売店(13・8時間・75位)

6位 医療機器メーカー (13.9時間・4位)

7位 ホテル・旅館 (15.0時間・73位)

7位 服飾雑貨メーカー (15・0時間・46位)

9位 士業関連 (15.2時間・50位)

10位 投信/投資顧問 (15.2時間・35位)

医療関係は残業が少ないことが分かりますが、病院の場合は業務の特殊性もあって、年間の休日数がやや少ないないようです。スポーツジムや店舗の場合は、営業時間が決まっているので残業はあまりないようです。

ちなみに一番休日が多くて残業が少ない職種は、「CAE解析」の仕事だそうです。製品を実際に試してみて、設計部門に改善を提案する職種だそうです。

また、一般的に事務職は残業が少ない傾向があるようです。逆に残業の多い職種は、映像関連や、編集職などのクリエイティブなものが多い傾向が見られます。

■ブラック企業大賞

2012年に弁護士や大学教授、作家などが立ち上げた「ブラック企業大賞企画委員会」によって、従業員に対するひどい待遇などの問題企業が選定されています。

2012年には東京電力が大賞に選ばれていますが、これは東北大震災の時に、福島第一原発がメルトダウンした事件に際して、従業員に被爆作業をさせたことが要因となっています。

2013年はワタミフードサービスが選ばれています。月に141時間という異常な残業をさせられた入社2ヶ月目の若い女性が自殺に追い込まれた痛ましい事件は記憶に新しいことと思います。

2014年の大賞は株式会社ヤマダ電機。2013年の9月の時点で、全国607店舗の従業員のうち1819人が、残業40時間を越え、さらに46人の店長が厚労省の定めた過労死ラインを超えるという劣悪な労働環境が指摘されました。

最後に

楽して稼げる方法はないとは言え、あまりにもひどい労働環境で自身を損ねたくはないですよね。やりがいと健康を天秤にかけて、あなたに合った業種や職種が見つかることを祈っております。

サラリーマンやOLでもできる副業をまとめてみた

近頃、株価的には景気が回復してきているように見えますが、なかなか給料へと反映されることがなく、景気回復の実感を得ることが難しくなっています。

また、主婦がブログやFXなどを利用してかなり大きな金額を稼いだこともニュースになっていますし、ここ最近では「ユーチューバー」なる存在が注目されています。

しかし、昼に本業を持っているサラリーマンやOLが、副業などでアルバイトの掛け持ちをすることは難しいことでしょう。そこで、比較的簡単にできる副業をいくつか紹介しようと思います。

1.副業といえばやはりこれ! アフィリエイトで稼ぐ

誰でも気軽に手を出しやすい副業の代表格といえば、やはりアフィリエイトでしょう。グーグルやYahoo!などが提供しているクリック型広告をリンクとして貼り付け、クリック回数に応じた報酬が支払われる形式のアフィリエイトが一番簡単でしょう。

現在、報酬の形も訪問者が商品を購入した場合に支払うものや、契約が成立したときに支払うものなど、さまざまにありますし、アフィリエイトの仲介企業も存在しています。

また、参入のしやすさから競争率も激しく、いまやブログだけでなくメルマガなどの媒体を利用しなければ、大きく稼ぐことが難しいものとなっています。

しかし、失敗したときのリスクも少なく、アイデア次第では今でも副業として充分に稼ぐことができるものですし、時間もそれほどかけずに行なうことができるので、お勧めです。

2.足を使って稼ぐ人向け せどり

せどりとは、中古本業界で掘り出し物を転売して利益を得る行為のことを指します。

従来では、目利きが必要でしたが、古本のチェーン店が数多く全国展開したこととインターネットの普及により、一般の人でもせどりが可能な時代となりました。

やり方しだいでは月に30万円以上を稼ぐ人もいるそうですが、平均すると2万円から3万円代の収入になることが多いようです。

せどり向けのアプリも登場しているので、手を出しやすいですし、あちこちのお店を回って掘り出し物があるかを探すのが苦にならないのであれば、お勧めできる副業です。

3.時間が取れるなら、FX取引

株式投資もミニ株投資が登場してから、参入しやすくなりましたが、目的によっては資金がないと難しいジャンルです。また必ずしも稼ぐことができるわけではないので、株式投資をためらう人も多くいるでしょう。

FX取引ならば、とくに資金を気にせず始められることが多く、主婦の人がFX取引で大きく稼いだニュースを聞いたことがある人もいるでしょう。ある程度、時間を取ることができる人なら、確かに大きく稼ぐことも可能です。

しかし、普段はそれほど時間を取ることができない人も多いでしょう。FX取引の魅力は、世界中の取引所がターゲットになるので、時間を気にせず始められることが大きいでしょう。

やり方も短期から長期の売買まで多数のやり方があるので、自分に合った方法を見つけやすいというのもあります。失敗したときのリスクはかなり大きいですが、目標をしっかり定めて欲に負けない精神力があれば、損を少なくできます。

4.注目されつつあるバイナリーオプション

FX取引の一つの形にバイナリーオプションというものがあります。

これは、証券会社が定めた期限までに高くなるか安くなるかの二者択一で投資を行なうもので、運が良ければ、5分で200万円を稼ぐこともできるようです。

そのような広告も多く見かけますし、実際に稼いだ人もいるでしょうが、バイナリーオプションでは海外の証券会社を通じて行なうことが多く、現在は詐欺会社が数多く存在しているのが問題となっています。

また、二者択一ではギャンブルに相当するなどの意見もあり、今後どのように変わっていくのか、読めない金融商品でもあります。

しかし、比較的安価で始められること、短期で結果がでること、二者択一という簡単さから注目されている金融商品です。時間が取れないサラリーマンやOLでも空いた時間で取引が可能です。

副業を行なうならば、就業規則に反していないか確認の上、どのやり方がご自分に合っているか検討した上で行なうようにしましょう。副業を行なって責任を負うのは他でもない自分自身ですので、後悔しないやり方を見つけてください。

残業のない仕事ってあるのか?定時で上がりやすい仕事をまとめてみた

朝早くから会社に行って、帰るのはいつも終電間際。いくら生活のためとはいえ、こんなに残業しなきゃいけないの?残業のない仕事ってないの?

そんな疑問にお答えするべく、今回は残業のない、もしくは少ない、定時上がりしやすい仕事をまとめてみました。

■残業が少ない職種

全く残業をしなくてもいい仕事というのはちょっと考えにくいので、ここでは残業が少ない職種をとりあげてみたいと思います。

(1)事務系の仕事

以前から事務系の仕事は残業が少ないといわれていますが、それはなぜでしょう?事務系の仕事は、お客さんの都合で残業しなければいけないサービス業などとは違い、自分のペースで仕事ができるので、結果的に残業が少なくなります。

(2)地方公務員

役所関係の仕事は、決まった時間になると窓口が閉まるので、他の職種のように思わぬ仕事が舞い込むということがありません。また、始業時間と就業時間がしっかりと決まっていて、労働者の権利がしっかりと守られるという点からも残業が少ないです。

ただし、霞ヶ関の国家公務員などは話が別で、逆にめちゃくちゃ忙しいです。他にも一部の特殊な部署(警察、消防関係など)は緊急事態での出動などがあるので、公務員だからといってみながみな残業が少ないわけではありません。

(3)薬局など店舗の仕事

これに関しては残業が少ないというのとは、少し意味合いが違うかもしれません。というのは、そもそもお店関係は普通の会社の定時時刻よりも遅くまで開いているところが多いです。

ただお店が閉まったあとにする業務は毎日決まっているので、残業という意味ではそれほど多くないのが店舗の仕事の特徴です。

実際に、大手求人関係の企業が発表しているランキングを見てみると、残業が少ない仕事のベスト5に、薬局、専門店、小売店、スポーツ関連施設がランクインしています。

(4)自営業

個人でお店を営んでいる場合は、自分で仕事をする時間が決められるので、残業がない仕事としての可能性があります。ただし、飲食関係はこの限りではありません。お客さんが閉店間際に来て追い返せるところというのは、そう多くはないからです。

(5)スポーツ選手

意外に思われるかもしれませんが、スポーツ選手は試合の時間が決まっています。基本的に試合時間が終わったら、給料の対象になる仕事自体は終了するので、残業という概念自体がありません。

ただし、高いレベルでのパフォーマンスを維持するための、給料外での自己研鑽などは常に怠ることができないので、労働時間という意味では多くなくても過酷な職業であるとは言えます。

■残業時間を減らす方法

残業がない仕事は、ほとんど存在しないと言っていいくらいですが、残業を減らすためのちょっとしたテクニックならあります。そのいくつかをご紹介します。

(1)生理整頓

子供の頃に勉強ができる子は、机の中や机の上もキレイにしている記憶がありませんか?仕事でもそれは同じことで、どこになにがあるか分からないというような状態だと、それを探すだけでも無駄な時間をとられてしまいます。

物だけではなく、パソコンのデータや使用もそうです。フォルダを作って案件ごとに分類したり、デスクトップを見やすくカスタマイズすることで業務を効率よくすることで、結果的に総労働時間を減らすことが可能になります。

(2)アフターファイブの予定を入れる

大事な人とのデートや、外せないイベントなどを入れておくと、なにが何でも定時で終わらせようとするでしょうし、また残業のお願いがあったとしても「今日だけはムリ!」という理由ができることになります。

いつもいつも仕える手段ではありませんが、あまりにも残業時間が長いような場合は、たまにこういった手段を用いるのも有効です。

(3)仕事の前倒し

終了予定時刻を早めに設定しておくことで、業務の効率化を図ります。スケジューリングしないとダラダラ仕事をしてしまうのは、子供の夏休みの宿題と同じことです。

もし終了予定時刻までに終わったら、次の日に予定していた仕事を前倒しですることができます。何よりも大事なのは自己管理です。

まとめ

以上、残業の少ない会社と、残業を減らす方法についてとりあげてみました。残業をしている人には、残業が好きな人(残業代のためなど)と、仕事の能率が悪い人、人がよくて残業が断れない人といったタイプに分けられます。

進んで残業をしたい人はともかく、早く上がりたい人はスケジューリングを見直してみると、意外と無駄な残業をしていたことが分かると思いますよ。

求人詐欺で転職に失敗しないために

あらゆる業界で人材不足が叫ばれています。そのため企業としてもどうにかして人材を確保しようと躍起になっている現状があります。

そのような状況の中、台頭してきたのがブラック企業というキーワードです。ブラック企業といえば、拘束時間が長い上に、まともに給与も支払われない、残業手当もでない、休日が少なく常に疲労困憊の状態で判断力が低下してしまうなど、非常に多くの問題を抱えています。

中でも「求人詐欺」がブラック企業の特徴と言えます。求人詐欺とはどのようなものかといった基本から、求人詐欺を見極める方法を紹介していきます。

・そもそも求人詐欺とは何なのか?

求人詐欺という言葉は、最近になって注目されてきたものです。

求人詐欺の被害を被っている人は、大卒の就活生、転職希望者が多かったのですが、ここ数ヶ月の間で高卒者もターゲットになっているようで、学校を挙げて対策に乗り出しているところもあるようです。

このように非常に範囲が広い求人詐欺ですが、具体的にはどのようなケースが多いのでしょうか。

まず、非常に耳障りの良い曖昧なフレーズが使用されていること、給与が通常より高めに設定されている、聞いたことがない手当が存在しているなどが特徴として多くあるようです。

とくに求人詐欺の掲載が多いのがハローワークと言われています。ハローワークは光栄機関であるがゆえに、所定の書類が揃っていれば、求人として受け付けざるを得ないという状況があります。

また求人の実態を調査するほどの人員もいないため、どうしても求人詐欺の横行を許してしまいがちな現状があります。

求人詐欺の具体例を挙げてみましょう。求人票には基本給20万、未経験者歓迎、その他実績に応じて手当支給といった求人があり、それに応募すると、非常にスムーズに面接などが進んでいき、あっという間に入社まで到達するということも多くあります。

ここからが求人詐欺の巧妙な部分で、雇用契約において給与やその他待遇面に関して、求人票と全く異なる条件で雇用契約を結ばせようとします。

しかも基本給20万と言われていた内訳は、基本給14万、残業代6万でした、ということもあります。

・求人詐欺が多い背景を考察すると

なぜここまで求人詐欺が横行しているのでしょうか。

それは労働監督署などに所属している監督官が非常に少ないことが理由として挙げられます。求人詐欺に対して対応できる人員が少なすぎるのです。

また、実際に査察に入ったとしても、企業側から「事情が変わったのでやむを得なかった」といった説明をされてしまうと、それ以上の追求をする権限を持っていないということも問題でしょう。

企業側からすると、とにかく人材を確保したいという思いがあり、求人票では高待遇の条件を示すことで募集人員を増やし、入社寸前の雇用契約において、条件を企業に有利に変更するのは、リスクも少ない手段なのです。

求職者の立場からすると、入社当日や雇用契約を結ぶ段階で辞退をすると、キャリアに傷がついてしまうというデメリットが発生します。そのため、渋々不利な雇用契約を結ばざるを得ないことになります。

これらの状況から求人詐欺とわかってもその場で対応することができす、被害が拡大してしまう悪循環が続いているのです。

ここまで説明すると、およそ予想がついているでしょうが、このような求人詐欺をするのは、離職率が高めの業界やブラック企業の可能性が非常に高く、高待遇の求人を見かけた場合は注意して情報収集を行なう必要があります。

・求人詐欺を見極めるには

求人詐欺を見極めるには、情報源を複数確保しておくことが重要です。そうしないとハローワークの求人票のみで判断せざるを得ず、ブラック企業かどうかはギャンブル性が高くなってしまい、大抵の場合はブラックに捕まってしまいます。

とくに切羽詰っている場合は、複数の観点から分析することが重要です。焦る気持ちを落ち着けて冷静に分析できるスキルを身につけるチャンスですので、しっかりと情報収集・分析を行なっていきましょう。

そのために注意しておくポイントを紹介します。

まず、給与です。募集している業種がどのようなものか、その業種の給与の相場はどのくらいなのかを四季報や転職サイトなどから入手しておき、比べてみることです。

あまりに高い給与の場合、警戒が必要になります。その次に見ておきたいのが、どのようなキャッチフレーズで人材募集をしているのか、ということです。あまりにフワッとした言葉やあまり耳にすることがないカタカナ言葉を多用してPRしている求人は避けたほうが良いでしょう。

職場の実態を掴ませないための隠れ蓑の可能性があります。面接に進んだ場合、面接官の態度もよく観察しましょう。

求人詐欺で人材募集をしている企業は、人材は使い捨てという認識が前提になっているので、面接の質問も仕事以外のことが多くなったり、仕事内容の説明を求めると、うまくはぐらかすこともあります。

もし詐欺的な求人を出してる会社の選考を受けてしまっても、面接中にブラック企業を見抜くポイントもいくつか存在します。

これらの特徴を踏まえながら、しっかりと求人を見極めて、求人詐欺に合わないようにしていきましょう。

チャットレディの給料は本当にそんなに良いのか

チャットレディについて調べてみると、月に何十万も稼げるなんていう情報を目にした事があるのではないでしょうか。実際にやっていた人に、本当にそんなに稼げるのか聞いてみたいと思っている方も少なくないと思います。実際に以前チャットレディをやっていた私が、その疑問にお答えしたいと思います。まずチャットレディで月に何十万円稼ぐ事は不可能ではありません。しかし、チャットレディ全体で見るとそこまで稼げる人はほんの人に握りです。才能があり、さらに努力をした人ではないとその領域にはなかなかいけません。たかがチャットレディで才能なんて大袈裟と思うかもしれませんが、チャットレディはトークや自分の演出、お客さんを満足させる技などたくさんのスキルが必要です。決して誰がやっても同じ、誰でも適当にやって稼げる仕事ではないのです。天性の人を惹き付けるものがあり、お客さんの喜ぶポイントを勉強している人は早くから頭角をあらわします。しかし向いていない人は頑張ってみてもお小遣い程度稼げるかどうかで、すぐにやめていってしまいますね。

チャットレディは自分に向いていて努力ができる人なら、噂通り稼げるようになる可能性はあります。しかし大半の人が稼げないままやめているという事実もしっかりと頭に入れておかないといけないでしょう。ちなみに私は全くもって才能がなく、お小遣い程度をちょこちょこ稼いで1年もせずにやめました。働き方としては理想でしたが、普通に働けるようになったタイミングでチャットレディはやめて企業に就職しました。

チャットレディで稼ぐには努力が必要ですね。チャットレディ経験者のテクニックなどはいろんなサイトで紹介されているので自分は勉強と努力不足でしたね。もうやらないですけど。

チャットレディを1年ちょっとしたことがあります

初は、ノンアダルトといって男性とお話しだけをするようなところに登録していたのですが、ノンアダルトといいながら「脱げる?」とか「今エッチしたいんでしょ?」とか言ってくる人が結構多かったので、それならいっそのことアダルトに登録しようかなと思って、途中からはアダルト番組にバンバン出てました。

アダルトチャットレディのメリットはなんていっても報酬が高いことですからね。

女の子からするとアダルト番組って変なお客さんが多いのでは?と思われそうだけど、思ったより紳士的な人ばかりで登録していた私自身もそれには驚きました。

やっぱり自分の欲望を満たすために来ているし、こちらもそれがわかっているので、何て言うんだろう?ちょっと人助けのような気持ちもあったりで、最後に「ありがとう」って言って下さる人がほとんどでした。

たまに、何もいわずにイクなりログアウトするような人もいますけど、それはそれで仕方ないのかなとは思います。ちょっと悲しいですけどね。

以前少しだけ「どうしよう」って思ったのが、ひとつの番組でよく話す方がいてリピーターにもなってくれてたのですが、その方と他の番組でお話しをしてしまった時。

写真もそんなに違うものじゃなかったから気付いてよーって思ったけど、最初はその方も気付いていなかったみたい。で、お話しするうちに他の番組で話してる女の子って気付いたのか何となく気まずくなってログアウトされちゃいました。

私もしらを切って「はじめましてー」って話すべきなのか「○○さんですよね?」って話すのかかなり迷いましたね。

次にその方とつながったらどうしようかと思ったけど、会えることがなくて残念なようなほっとしたような気持ちでした。

色んな男性とお話しできて、人助けみたいな感じでチャットを楽しんでます。